レーシックの失敗1.半永久的に続く、ハロ(ハロー)とグレアとその原因

レーシック 視力回復

Home > レーシックの失敗と原因 > 時間がたっても回復しないハロ(ハロー)とグレア/失敗と原因

時間がたっても回復しないハロ(ハロー)とグレア/失敗と原因

Posted at 07/03/29

ハロ(ハロー)とグレアとは

ハロ(ハロー)、グレアとは、夜間に光がにじんで見えたり(ハロ、ハロー)まぶしく感じたり(グレア)することです。 icon
通常、ハロ(ハロー)グレアは、フラップが完全にくっついてない時期に光の屈折が原因で起こり、時間の経過とともに治まっていきます。

ハロ(ハロー)とグレアが長く半永久的に続く原因

しかし、中には、ハログレアがひどく、それがずっと続くことがあります。それは、夜間に瞳孔が開く大きさよりも、レーザー照射口径が小さい場合におこります。
術前に暗いところでの瞳孔が開く大きさをきちんと測定することにより防ぐことが できます。

~ 角膜のレーザー照射範囲を通過する光(黄色線)は網膜の上にピントを結びますが、瞳孔が開いた場合(赤色で表示された瞳孔)、レーザーの照射されていない部分(近視未治療の部分)の光(赤色で表示)が眼の中に入ります。
近視が矯正されていない領域の光ですから、当然網膜の手前でピントを結んでしまいます。ということは、夜間において、あるいは暗所において発光するライトなどを見た時に、その周囲に光のにじみが出る可能性が高い、ということになります。 これがグレアハローと言われる現象の原因なのです。
LASIK LAB

レーシック失敗、合併症などの不安解消には、 無料説明会で眼科の医師に直接不安に思っていることについて聞いてみるのがお勧めです。

管理人ゆっぴの体験談

管理人のレーシック体験談です。両眼とも0.03だった視力が、レーシック後1.5になりました。ご参考になれば幸いです。

PR

レーシック 視力回復

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

“視力回復手術レーシックとは”は、MovableTypeで作られています

Powered by
Movable Type 3.35