レーシック(LASIK)で使う、機械・機材など

レーシック 視力回復

Home > レーシックに使う機械等 > 角膜表面麻酔剤・ファンドスコープ・スペキュラーマイクロスコープ

角膜表面麻酔剤・ファンドスコープ・スペキュラーマイクロスコープ

Posted at 07/03/29

角膜表面麻酔剤

角膜表面麻酔剤

パキメータ角膜の厚さを測るときや手術の際に使用する点眼麻酔です。

ファンドスコープ

ファンドスコープ

散瞳剤を使用して、目の奥(網膜の部分)を見やすくし、網膜、視神経、硝子体などに異常がないかどうか詳しく検査します。

スペキュラーマイクロスコープ

スペキュラーマイクロスコープ

角膜の内皮細胞を撮影し、その数、大きさ、形を測定します。

資料提供- レーシック - 神戸クリニック

管理人ゆっぴの体験談

管理人のレーシック体験談です。両眼とも0.03だった視力が、レーシック後1.5になりました。ご参考になれば幸いです。

PR

レーシック 視力回復

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

“視力回復手術レーシックとは”は、MovableTypeで作られています

Powered by
Movable Type 3.35