エピレーシック(EPILASIK、EPI-LASIK)とは

レーシック 視力回復

Home > その他の視力回復方法 > エピレーシック(EPILASIK、EPI-LASIK)

エピレーシック(EPILASIK、EPI-LASIK)

Posted at 07/04/01

エピレーシックとは

角膜上皮エピケラトームと呼ばれる新しい器機によって安全に剥離して、レーシックと同じようなとても薄い蓋(フラップ)を作成します。そのあと、レーシックと同じようにレーザーを照射し、近視、遠視、乱視を矯正します。
フラップはやがて剥がれ落ち、新しい角膜上皮ができます。(現在は、フラップを最初に完全に取り除いて、上から保護用コンタクトレンズを乗せる方法が主流です。2007.2.4)
そのため、レーシックと異なり、強い眼の衝撃でもフラップがずれることはありません

エピレーシック(EPI-LASIK)に適した方

  • 角膜が薄くレーシックが受けられない方
  • 格闘技や目に強い衝撃があたる可能性のある方

エピレーシックの手法

iconicon

手術の前に点眼薬で麻酔します

icon

エピケラトーム角膜上皮を剥離します。

icon

作成した薄いフラップを取り除きます。

icon

エキシマレーザーを照射して近視や乱視を治します。

iconicon

保護用コンタクトをはめます。

資料提供:レーシック - 神戸クリニック

エピレーシックの体験談リンク集

管理人ゆっぴの体験談

管理人のレーシック体験談です。両眼とも0.03だった視力が、レーシック後1.5になりました。ご参考になれば幸いです。

PR

レーシック 視力回復

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

“視力回復手術レーシックとは”は、MovableTypeで作られています

Powered by
Movable Type 3.35