手術までの流れ:視力回復手術レーシックとは?失敗しない眼科選び

レーシック 視力回復

Home > 手術までの流れ

記事一覧

適応検査とカウンセリング

Posted at 07/04/28

問診票の記入

眼の自覚症状、コンタクトレンズ、メガネの使用歴、名前、住所、連絡先、既往症、服用薬の有無などについてを記入。

検査

  • 角膜形状の撮影
  • 角膜内皮細胞数の測定
  • 屈折度数の測定(近視乱視遠視の度数を器械で測定)
  • 眼圧の測定(目の固さを器械で測定)
  • 視力検査(遠方・近方)

診察

  • 問診表を参考に、手術を考えられた動機や、現在の眼や体の症状について確認
  • 主に前眼部(角膜など)に異常がないかを診察

散瞳剤の点眼

  • 眼底(網膜など)検査と、調節力を取り除いた状態の近視や乱視、遠視の度数を測定するため瞳孔を大きく広げる目薬を点眼します。薬が効くまで15分~30分ほどかかります。
  • 散瞳剤が効くまでの間、レーシックカウンセラーによるカウンセリング (手術についての詳しい説明)

カウンセリング

  • 眼の構造 (近視・乱視・遠視とはどういったものか? 老視とは何か?など)
  • 近視や乱視、遠視が治る原理 (主に手術で何をすることによって屈折異常が矯正できるのか?など)

検査

調節力を取り除いた状態の屈折度数を器械で測定

診察

  • 眼底検査
  • 医師による手術の細かい説明 (予測される手術後の結果、術中に起こり得る合併症など)
  • 手術の適否

手術前の精密な検査

Posted at 07/04/28

手術の前に、角膜にどれだけレーザーを当てれば希望の視力に到達するかを調べます。できるだけ手術の近い日(1週間以内)に検査を受けます。30分から40分の検査になります。

検査

  • 角膜形状の撮影
  • 屈折度数の測定(近視や乱視、遠視の度数を器械で測定)
  • 視力検査(遠方・近方)

手術当日

Posted at 07/04/28

いよいよ手術当日です。女性の方はもちろんでノーメイクで。かぶりものではなく前空きのゆったりした服を着ていきましょう。かぶりものの服は、手術後に服を脱ぐとき大変です。目に服があたるかもしれません。

愛用のメガネも忘れずに持っていきましょう

神戸クリニックで手術を受ける方は、メガネをもっていくと、手術の間に度無しの伊達メガネに加工しておいてくれます(有料サービスです) icon

【PR】

管理人ゆっぴの体験談

管理人のレーシック体験談です。両眼とも0.03だった視力が、レーシック後1.5になりました。ご参考になれば幸いです。

PR

レーシック 視力回復

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

“視力回復手術レーシックとは”は、MovableTypeで作られています

Powered by
Movable Type 3.35