その他の視力回復方法:視力回復手術レーシックとは?失敗しない眼科選び

レーシック 視力回復

Home > その他の視力回復方法

記事一覧

PRK(ピーアールケー)

Posted at 07/04/01

PRK(ピーアールケー)

PRK(ピーアールケー)とは
レーザー角膜上皮を取り除き、近視、乱視、遠視を矯正します。
角膜が再生するまでの間、保護コンタクトレンズを装用します。
角膜は3日~1週間で再生します。

PRKが適している方

レーシックではフラップがずれてしまう可能性のある、ボクシングなどの格闘技を行っている方
・角膜が足りず、レーシックを行うことができない方

PRKの手法

icon

手術の前に点眼薬で麻酔します

icon

角膜の表面から直接レーザーを照射します

icon

保護用のコンタクトをはめる

エピレーシック(EPILASIK、EPI-LASIK)

Posted at 07/04/01

エピレーシックとは

角膜上皮エピケラトームと呼ばれる新しい器機によって安全に剥離して、レーシックと同じようなとても薄い蓋(フラップ)を作成します。そのあと、レーシックと同じようにレーザーを照射し、近視、遠視、乱視を矯正します。
フラップはやがて剥がれ落ち、新しい角膜上皮ができます。(現在は、フラップを最初に完全に取り除いて、上から保護用コンタクトレンズを乗せる方法が主流です。2007.2.4)
そのため、レーシックと異なり、強い眼の衝撃でもフラップがずれることはありません

エピレーシック(EPI-LASIK)に適した方

  • 角膜が薄くレーシックが受けられない方
  • 格闘技や目に強い衝撃があたる可能性のある方

エピレーシックの手法

iconicon

手術の前に点眼薬で麻酔します

icon

エピケラトーム角膜上皮を剥離します。

icon

作成した薄いフラップを取り除きます。

icon

エキシマレーザーを照射して近視や乱視を治します。

iconicon

保護用コンタクトをはめます。

資料提供:レーシック - 神戸クリニック

エピレーシックの体験談リンク集

フェイキックIOL(PhakicIOL)

Posted at 07/04/01

フェイキックIOL(Phakic IOL)とは?

人工レンズを目の中に挿入して、近視、乱視、遠視を矯正します。 使われるレンズは白内障手術で使われているレンズと同じ素材です。

icon

こちらがフェイキックIOLで使われるレンズです。 icon

フェイキックIOLの適応となる方

  • 18歳以上の方
  • 過去1年間で視力の変動の見られない方。
  • 強度近視(-10D以上)・遠視などで、レーシックなどのレーザー屈折矯正治療の難しい方
  • 体の病気のない方
  • 目の病気のない方

詳しくはこちらのフェイキックIOL(Phakic IOL)のページをご覧ください。

CK(老眼治療)

Posted at 07/04/01

CK(老眼治療)とは?

眼の角膜にラジオ波をあてる事により、角膜のコラーゲン組織の一部を収縮させて角膜のカーブを変える医療技術です。(治療は、通常利き目の反対側の片眼のみに行います。)この治療では、角膜外周8mm付近のカーブは強くなるため、近くを見る力が強くなります。(近くを見るときは目線が下がるため、カーブが強くなった部分で物をみることで、近くの見え方が向上します。)一方で、角膜の中心部分のカーブはあまり変化しないため、遠くを見る力をある程度残すことができます。つまり、片方の眼に遠くも、近くも見える遠近両用の機能をもたせる(=ブレンドビジョン)をつくることができます。(老眼治療 - 神戸クリニックのホームページより引用)

近視、乱視、遠視をお持ちで矯正が必要な方は事前にレーシックをうける必要があります。

CKの手順は以下のとおりです。

iconicon

(1)治療の前に麻酔の目薬を点眼します。 icon

iconicon

(2)瞳の中心に合わせて角膜外周にマーキングをします。 icon

iconicon

(3)角膜の外周に付けたマーキングの必要箇所にラジオ波をあてます。 icon

iconicon

(4)ラジオ波をあてることで、角膜のコラーゲン組織を収縮させます。 icon

iconicon

(5)最後に目薬を点眼して終了です icon

オルソケラトロジー(orthokeratology)

Posted at 07/04/03

オルソケラトロジーとは

特殊な形の凸型超高酸素透過性ハードコンタクトレンズを主に就寝時装着し、角膜の表面 にくせをつけ、視力を矯正する方法です。
18未満の方も行うことができます。
この特殊な形のコンタクトレンズの装用をやめると、視力はやがてもとに戻ってしまいます。

 

オルソケラトロジーについての詳しい情報は、オルソケラトロジー情報館をご覧ください。

 こちらは、実際にオルソケラトロジーを受けられた方の体験談を中心としたサイトです。
じっさいにオルソケラトロジーを受けた方の体験はとても参考になりますね。
オルソケラトロジーの基礎知識と体験記 

角膜リング・角膜内リング(ICR)

Posted at 07/05/15

角膜リングとは、角膜の中に2本リングを埋め込み、角膜のカーブを変え、視力を矯正する方法です。レーシックを受けることができない円錐角膜(角膜がとがって出てくる病気。原因は明らかになっていない)の方の為の視力回復方法です。

角膜リングのメリット

リングの取り外しが可能のため、いつでももとの近視の状態に戻すことができます。

角膜リングによる治療はどこで受けることができますか?

大手では南青山アイクリニック、品川近視クリニックなどで治療を受けることができます。品川近視クリニックではイントラレーザーを用いた“イントラ角膜リング”という方法を用いています(詳しくは品川近視クリニックのホームページをご覧ください)

【PR】

管理人ゆっぴの体験談

管理人のレーシック体験談です。両眼とも0.03だった視力が、レーシック後1.5になりました。ご参考になれば幸いです。

PR

レーシック 視力回復

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

“視力回復手術レーシックとは”は、MovableTypeで作られています

Powered by
Movable Type 3.35