キャバクラ体験物語

どちらかというとブスですね・・・

女性画像/私はキャバクラ嬢の中でもブスの部類に入ると思います。それでもある程度の金額は稼げているのは、お店の協力が良いからだと感謝しています。池袋キャバクラ求人のサイトを見ていたらここのキャバクラ店がとても働きやすいとアピールされていたのでとりあえず応募してみました。店長もすごく良い人だったしその時出会ったすべての人が感じよかったのですぐに体入して、経験してみました。酔っ払いの相手なんてできるのかなと思っていたのですが、みんな行儀よくお酒を飲む方たちだったので、楽しく時間を過ごすことができました。やっぱり体入するとキャバクラの仕事がどういうものかを経験することができるし、自分に足りない部分も見つかったような感じです。そんなこんなで色々な経験をしながら、成長してこれたし、今後もこんな感じでやっていきたいなと思っています。キャバクラで働くってこんなに素敵なことだとは想像もしていませんでした。この求人に出会えて本当に幸せだと感じています。

胸の大きさで勝負してきました

胸の大きさだけを武器に、キャバクラ嬢として売れっ子になってきました。はっきり言って私は顔も可愛くないしなんでこの店の求人に応募して採用されたのか不思議なくらいです。おそらく胸の大きさでお客さんを獲得しているのかなと思いますし、ドレス着用時にはお腹のぽっこりも見えなくなるのでうまくいい感じになっているんだと思います。求人に応募した時はとにかくお金がなかったので、その日に体入お願いしてキャバクラのスキルを学びました。それぐらいガツガツした感じで覚えてきたので最近体入に来ている女の子たちがちょっと甘っちょろく感じる時もあります。それでもやっぱり自分も素人として求人に応募したということは忘れてはいけないと思うので、女の子たちには優しく接しています。後輩をいびり出したらキャバクラ嬢として終わりだと思うのでその辺は注意しなければならないなと感じています。スタイルと愛嬌だけで生き残ってきた私にとって、努力しない子はイライラします。

顔だけではないのが面白い

顔だけで勝負できるほど、キャバクラの世界は甘くありません。私はどちらかというと顔が可愛くないのですが、お客さん一人一人のデータをしっかりと頭にインプットしてキャバクラの世界で生き残ってきました。なかなか大変に感じることも多かったのですが、今のところ楽しく仕事をしています。求人サイトで見つけたキャバクラ店でしたが、本当に感じも良くて、この求人を見つけられたのがラッキーだと今でも思っています。体入をした際も、みんながすごく温かくサポートしてくれたのを覚えていますし、同じ事を新しく体入してくる女の子にもしてあげたいなと思っています。やっぱり優しい先輩として認知されたいし、これからも頑張っていこうと思います。なかなか甘い世界ではないのですが、頭を使えばランキングに入ることも可能だと思うし、どんどんとライバルが出現するようなお店にしていきたいなと思っています。いろいろと考えながら仕事をするのが楽しいです。